わたしの正体は干物女

女の子の汗は臭くないと思ってるなら大間違い

興味のない人から向けられる好意ほど 気持ちの悪いものってないでしょう?

 

こんばんは干物です。

 

クズの本懐で花火のセリフで印象的だった

セリフを題名にしてみました。

 

1か月前に高校が同じだった男子と

地元近いってことでジョギングに行ったのですが

そのとき彼は飢えていた(笑)

 

それがひしひしと私に伝わって、あ~~やだな~と嫌悪感。

 

彼氏いないのだの、ほしくないのだの、

花火大会今年はいきてーだの、寂しいだの、

俺もひとりだの、つか聞いてねえし!

 

そいつは結構すごい大学通ってる理系君で

高校の時は普通にいいやつって感じで

友達として仲良かったのですが、飢えって怖いですね(笑)

 

これから毎週走ろうぜってな雰囲気でその場はバイバイしたけど

次はないな~悪いけどもう会いたくない気持ちでいっぱいでした(笑)

 

けれど、強し理系君w

今日まで毎週のように会えるかLINEが来る。

割とあからさまに脈ねーからあきらめろの意を込めて

断ってきたけど、、バカなの?(笑)

 

断る理由として、妹風邪ひいた、バイトが急に入った、

ゼミで忙しくて、おなか痛い、身内が入院するからごめんって

 

、、、いや、察しろ~

 

それでもじゃあまた来週と言ってくる彼はすごいよ、ある意味ピュア

 

アニメで見たとき、こんなセリフなかなか言えないねって思ってたのが

いまじゃあ、まさにこんな気持ち。